映像、広島、この指とまれ!〜広島フィルム・コミッションとつながろう〜

映像、広島、この指とまれ!〜広島フィルム・コミッションとつながろう〜

私たちの街・広島には、
日本国内はもとより、広く海外から
映画やドラマ、CM、ドキュメンタリー作品などの
ロケ撮影隊が数多く訪れています。
平成14年(2002年)の設立以来
広島フィルム・コミッションのロケ誘致・支援件数は
累計約3000件、海外案件は約400件にものぼります。
そんな中、地元・広島のロケ現場で
日頃培っているあなたの能力が活かせるかも!
映像の世界に興味がある方はもちろん、
分野はまったく問いません。さぁ、この指とまれ!!


雪・雨が降る悪天候の中、
ご来場いただいた皆さま、
ありがとうございました。
無事、開催終了いたしました。

来場申込み受付は終了しております。

「ご来場アンケート」は会場でお渡しした
用紙右上にあるQRコードを読み取って
スマホ、タブレット、パソコンからご意見をお寄せください。
(回答受付・2/20(日)23:29まで)


日時:
2月19日(土)

10:00〜12:30
(開場/9:30)
<参加無料>
会場:
広島国際会議場

ヒマワリ
(広島市中区中島町1-5・平和記念公園内)
定員:
300名様

事前申込要(先着順)
参加無料感染対策のため
座席は間隔を空けて配置いたします

主催/
文化庁、
特定非営利活動法人 ジャパン・フィルムコミッション 
協力/広島フィルム・コミッション

パソコン・スマホからWEB申込み

こちらのボタンから専用の申込みフォームに進んでお申込みください。
お申込み後の返信メールから「入場整理券」(電子チケット)をお配りします。
当日はお手持ちのスマホ、タブレット画面に表示するか、
プリンター印刷してご持参ください。
受付で確認しますので、当日までなくさないようにご注意ください。

申込みフォームへ
※一部、古い携帯電話(フィーチャーフォン・ガラケー)などでご利用いただけない場合がございます

E-Mailで申込み

必ず件名を「2/19入場申込」とし、
本文欄に●お名前 ●ふりがな ●電話番号 ●居住地(広島市内、市外の方は県名のいずれか)●その他の配慮事項(特別な配慮が必要な場合)
を明記して送信してください。

Eメールで申込む
※メールソフトが自動起動しない場合はEメールアドレスを手入力して本文に必要事項を記入のうえ送信をお願いします

  • 定員に達した時点で受付を終了いたします。
  • お預かりした個人情報は、当イベント開催ならびに広島フィルム・コミッションからのメールマガジン(ご希望者のみ)、新型コロナウィルス感染症拡大防止の目的以外では一切使用いたしません。
  • 新型コロナウィルスの感染状況によっては、開催中止となる可能性がございます。その場合は申込者全員にメールで連絡いたします。

10:00〜10:20
イントロダクション
フィルム・コミッションとは?

フィルムコミッションは、映画、テレビドラマ、CMなどのあらゆるジャンルのロケーション撮影を誘致し、実際のロケをスムーズに進めるための非営利公的機関です。
全国のフィルム・コミッションが果たしている役割や広島フィルム・コミッションの実績や業界における評価、地元への貢献度などについてお話しします。


10:25〜11:20
ゲストトーク
映像するなら、広島ここからじゃ。

映画やドラマ、CMなどの映像作品を手がけている森ガキ監督は広島生まれの第一線級クリエイター。
デジタル制作環境や機材の多様化とともに映像と生活の距離が縮まる中で、広島だからできる映像制作の可能性をお聞きするとともに、地元で活躍できるクリエイターの育成や支援、環境づくりについて熱く語っていただきます。


11:30〜12:30
パネルディスカッション
今、地方のロケ現場に
求められている人材や役割とは?

全国各地のロケ現場で地元の人たちに求められる役割は多岐にわたっています。
映像関連技術や海外スタッフとの通訳業務など専門性の高い人材・能力はもちろん、地元の人だからこそ知っている情報や人脈、お人柄があってこそ成立する仕事もたくさんあります。実際にロケ協力された方々の実例も参考に議論を交わします。


森ガキ侑大さん
映画監督
森ガキ 侑大さん

1983年広島生まれ。2017年、脚本家の山崎佐保子と共にクリエイター集団クジラを創設。現在、テレビCM・Webムービーの他、テレビドラマや長編映画等幅広く手がける映像ディレクターとして活躍中。
数多くのCM作品でACC、CANNES LIONS受賞歴がある。
ドラマ作品には「時効警察」「満島ひかり×江戸川乱歩 算盤が恋を語る話」「坂の途中の家」「神木隆之介の撮休」などがある。
長編映画は「おじいちゃん、死んじゃったって。」、「さんかく窓の外側は夜」を手掛け、2021年にはコロナ禍でのドキュメンタリー映画にも挑戦し「人と仕事」も公開。


佐藤有史

札幌フィルムコミッション
JFC・エリアマネージャー

佐藤 有史

1976年 北海道札幌市生まれ
2016年 さっぽろ産業振興財団映像産業振興課入社
2016年 札幌フィルムコミッション所属
2019年 ジャパンフィルムコミッション副理事就任


井芹美香

福岡フィルムコミッション
JFC・エリアマネージャー

井芹 美香

福岡フィルムコミッション職員として、ロケ地・事業者紹介等の撮影支援や映画祭等でのプロモーション活動のほか、地元若手人材の育成等の映像産業促進事業に約10年携わっている。韓国語、英語による対応が可能。
■過去の支援作品
【国内】映画「君の膵臓をたべたい」、孤独のグルメ(テレビ東京)、偽装不倫(日本テレビ)、福岡恋愛白書(九州朝日放送)など
【海外】韓国(映画・ドラマ)、フィリピン(映画)、ブラジル(スポーツチャンネル)など、対応実績あり。


上田秀栄

北九州フィルム・コミッション
JFC・エリアマネージャー

上田 秀栄

■1971年生まれ
■1997年北九州市役所入庁
広報、企業誘致関連部署等を経て2014年から現職
JFC九州ブロック理事


西﨑智子

広島フィルム・コミッション
JFC・エリアマネージャー

西﨑 智子

香川県出身。2003年より現職。
2005年AFCI(国際フィルム・コミッショナーズ協会)認定の国際フィルム・コミッショナー資格取得。
主な支援作品に『父と暮せば』『夕凪の街 桜の国』『この世界の片隅に』ほか広島ならではと言える海外ドキュメンタリーの支援も多い。
また、カンヌ国際映画祭2020年『朝が来る』に続き、2021年は『ドライブ・マイ・カー』が日本映画初の脚本賞ほか4冠に輝いた。


路線バス

【広島バス㉔】吉島線(24号) 平和記念公園バス停下車すぐ

【広島バス㉕】商工センター線(25号) 平和記念公園バス停下車すぐ

【広島バス㉑】宇品〜向洋線(21号) 中電前バス停から西へ徒歩約10分


路面電車

【広電①】宇品~紙屋町経由広島駅線(1番) 袋町電停から西へ徒歩約10分

【広電③】宇品~西広島線(3番) 袋町電停から西へ徒歩約10分

【広電②】広島駅~西広島・宮島口線(2番) 原爆ドーム前電停から南へ徒歩約10分

【広電⑥】広島駅~江波線(6番) 原爆ドーム前電停から南へ徒歩約10分


新型コロナウィルス感染症の拡大防止にご協力ください
  • 会場内での飲食、喫煙はできません。また会場内ではマスク着用ならびに各所設置のアルコール消毒液にて手指消毒にご協力をお願いします。
  • 会場入口にて非接触型体温計による体温測定を行います。37.5℃以上の発熱のある方、体調不良の方はご来場をお控えください。
  • 開場・開演間際は混雑が予想されます。時間に余裕を持ってお早めにご来場ください。
  • 会場内では、ソーシャルディスタンスのご協力をお願いします。

このイベントに関するお問い合わせは

広島フィルム・
コミッション

(公財) 広島観光コンベンションビューロー
魅力創造部内

  082-554-1811
  〒730-0011 広島市中区基町5-44 広島商工会議所ビル6階
  受付時間/9:30~17:00(土日祝は休み)

文化庁(ロゴ)文化庁(ロゴ)
ジャパン・フィルムコミッション(ロゴ)ジャパン・フィルムコミッション(ロゴ)
広島フィルム・コミッション(ロゴ)広島フィルム・コミッション(ロゴ)

page top